尿漏れを防止するための体操について。

男性、女性といった性別に限らず多くの人が悩んでいる「尿もれ」。

くしゃみをしたときや重い物を持ち上げたとき、立ち上がった時といった日常のふとした場面で自分の意志に関係せずに尿がでてしまうという症状です。

一般的に尿もれは加齢によるところが原因とされてきましたが、若い方でも尿漏れで悩んでいる方は少なくありません。

たとえば出産を終えた女性は骨盤の開きが原因で尿もれを引き起こしてしまうこともあります。

尿もれが起こってしまう理由として、骨盤底筋の衰えが挙げられます。

骨盤底筋は尿を溜めておく場所である膀胱を下から支えています。

そのため、骨盤底筋がしっかりとしまっている人は尿もれが起きにくいとされています。

ところが、さまざまな原因により骨盤底筋をはじめとする筋肉群が衰えてしまうと、重力により膀胱が下がってしまいます。

尿もれ防止に効果がある骨盤底筋を鍛える方法として、ストレッチや運動などがあります。

インターネットで検索すれば、動画付きでわかりやすく説明してくれているサイトもたくさんあります。

まずはこの骨盤底筋をしっかり鍛えるところから始めてみましょう。

骨盤底筋の衰えが原因で尿もれをしてしまっている人がストレッチを行ったところ、3か月以上の継続で完治したという方もいます。

Leave a Reply